HOMEパトロールクラリスCloudとは?

PATROLCLARICE Cloudとは?

パトロールクラリスPATROLCLARICE Cloudとは、サーバー監視・ネットワーク監視をCloud型でご提供いたします。設備投資が不要なのでサーバー監視、ネットワーク監視に関わる導入コストと運用コストを削減することができます。

インターネットを経由して直接お客様のシステムを監視します。

パトロールクラリスCloudでは、インターネットを経由して直接お客様のシステムを当社データーセンターの監視ソフトウェアがリモート監視します。

インターネットを経由して直接お客様のシステムを監視 Cloud版 サーバー 監視・ネットワーク監視ソフトウェア

Cloudとは、ソフトウェアを購入するのではなく、インターネット経由でソフトウェアの機能を提供するサービスなので、ソフトウェアやハードウェアの初期導入費等、設備投資のコストが必要ありません。しかも、パトロールクラリスCloudの利用料金は、ポイント制のライセンス体系を導入しています。監視項目ひとつを1ポイントとし、必要な監視項目のみ利用料をお支払いただきます。ポイント数内であれば、監視項目の変更なども可能なため、効率よく監視を行うことができます。

質の高いネットワーク監視の重要性

WEBサービスを提供しているお客様にとって、レスポンスの遅延やサービスの停止が発生した場合、各方面に不利益が発生し、大きな機会損失に繋がる恐れがあります。

しかし、WEBサービス上の障害発生は、ハードウェア障害の検知だけでは監視が難しく、目視による監視は運用上大きな負担となります。サービスレベルを高い位置で維持するために、今までのハードウェアリソースやネットワークといったレイヤの低い監視のみならず、サービスレイヤの監視を効率よく実行し、障害発生を常時監視できる有効な手立てが重要となってくるのです。

サービスレベルの監視「URL階層監視」

パトロールクラリスCloudでは、一般的なサーバー監視、ネットワーク監視のほかに、WEBサービスが正常に稼動しているのか、監視対象の画面遷移をあらかじめ設定することで、実際のユーザーオペレーションと同様の操作が可能か定期的に監視することができます。 エンドユーザーの視点から見て、サービスが正常に稼動し提供されているのか常に監視を実行している為、ユーザーの離脱やサービスレベルの低下を未然に防ぎます。

サービスレベルの監視「URL階層監視」 Cloud版 サーバー 監視・ネットワーク監視ソフトウェア

柔軟なアラートアクション

WEBサービスで障害が発生した場合、メールの送信、SNMPTRAP送信、コマンドキック、CGIキックなどの全4種類の通知方法により担当者に自動的に通知されます。

「アラートコール」自動電話発報システム

一般的な障害通知方法として、メール通知や警告灯の点滅等がありますが、それだけでは障害通知を確実に確認できるとは限りません。監視業務を24時間365日体制で行っていない場合、メールサーバーのダウンにより管理者がメールを確認できない場合、サーバー・ネットワークの障害が放置され大問題となるでしょう。

オプションサービス「アラートコール」を申し込むと今までの通知方法に自動電話発報を追加いたします。障害発生を確実にサーバーネットワーク管理者に伝えることができます。 ※オプションサービスのお申し込みが必要です。

「アラートコール」自動電話発報システム Cloud版 サーバー 監視・ネットワーク監視ソフトウェア